TATSUの日刊トレンディニュース

1年先を読むために日々の旬なニュースをピックアップするブログ

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/051300092/060600003/?ref=nbptrn_top_new
筆者はこれまで何度も音楽を聴いていて「?」と思うことがあった。中学生、高校生の頃にむさぼるように聴いた曲を改めて聴いてみても、その当時のような感動がわき起こらないのだ。当時の再生環境なんてたかがしれているのだから、いいオーディオシステム、もしくはポータブルオーディオプレーヤーとイヤホン・ヘッドホンがあれば再現できるはず……と思っていたが、現実はなかなかそうならなかった。そんななかで、昔聴いていたビリー・ジョエルや高中正義、オフコースなどの楽曲をアナログレコードで聴いたところ、頭のてっぺんからつま先まで粟立つような感覚を覚えた。最初からCDで作られたアルバムであればそんなことはないのだろうが、アナログレコードとして発売されたアルバムは、やはりアナログレコードこそが“原音”なのだろう
私がこのブログで何度も指摘していることだが、LPレコードがどの音源より音がいい。オーディオブームを殺したのは言うまでもなくCDだ。世の中がCDに移行したことでオーディオへの情熱が消え失せてしまったのである。確かにCDはクリアで音がいいと錯覚しがちだが、圧倒的に何か大事な物が欠けているのである。LPの音にはそれがある。その証拠にオーディオマニアの人たちは皆LPレコードを聴いている。それも針からケーブル、しかも電源にまで気を使って。私はそこまでマニアではないが、LPの音の良さはわかるのである。最も音に影響があるのは、針とスピーカーだろう。これは金をかけただけフィードバックも大きい。金をかけられないならスピーカーの自作に限る。スワンなら苦労して作っても間違いはない。バックロードホーンならD-55が正解だ。D-58系はおすすめしない。

http://president.jp/articles/-/25451
組織という顔の見えない化け物の世界では、「責任感や几帳面さは、昇進にマイナスに作用する」「業績と昇進は関係ない」というだけでなく、「業績をあげたことが仇となり、飛ばされる」という意味不明が起こります。「モリさん(仮名)は死んでいた部署を再生させた。僕たちもものすごくお世話になりました。多くの社員がモリさんのおかげで、仕事の面白さを知り、成功体験をさせてもらった。そのモリさんが外されるのはショックです。結果を出してるんだから評価されて当然なのに……」  これはモリさんの部下、ヤノさん(仮名)から届いたメールです。  モリさんは私がこれまで出会った数少ない「超デキる人」のひとりで、とても誠実かつ論理的。年齢は私より5つ上で、7年前に一緒に仕事していたときの役職は課長でした。そのデキる人が“またまた”遠くに飛ばされてしまった。そう、“また”、です
このブログの趣旨とは違うけど「なるほどな」と思ったのでピック。おもしろい記事でした。仕事ができない人ほど残業手当が多く生涯年収は多いのとなんとなく似ています。

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1128471.html
Amazon.co.jpは、スマートスピーカーのEchoシリーズに円形ディスプレイを備えた「Amazon Echo Spot」を6月20日より予約販売開始する。価格は14,980円(税込)で、出荷開始は7月26日を予定している。カラーは黒と白の2種類。2台同時に買うと2台目が半額になるプロモーションも実施する。Echo Spotは、他のEchoシリーズと同様にクラウドベースの音声サービス「Alexa」の全機能を利用できるスマートスピーカーとして動作するほか、前面の円形ディスプレイで、さまざまな情報やコンテンツを「見せる」ことが可能。ディスプレイを使った、ビデオ通話やメッセージ、呼びかけ機能など、Echoデバイス間やAlexaアプリ間のコミュニケーション機能も今後提供予定
うーん、どう考えてもイラネ。つーか、もうぜんぜん使ってないんですよね、スマートスピーカー。なんかもう必要ない。予想できたこの展開。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30804580S8A520C1000000/?n_cid=DSTPCS001
4輪車事業への参入目標を掲げて5年。産みの苦しみを味わうのが2輪車大手のヤマハ発動機である。20年までに量産する目標を掲げていたが、17年末に撤回した。「(参入は)21年以降。開発目標時期を示すのはやめた」(車両開発を統括する取締役の島本誠氏)。誤算といえるのが、4輪参入の切り札とみていた新構造の車体開発に苦しめられたことだ。いまだに課題が山積みで、研究と量産の間に横たわる「死の谷」から抜け出せない。開発担当者は「まだ研究段階」(モビリティ技術本部NLV推進部部長の楠元伸一氏)と語り、5年経ったにもかかわらず量産のメドが見えていないことを認める。4輪参入を断念する選択すらあり得る状況だ。投資家側には「主力の2輪車事業ではインド市場などでやるべきことが山積みだ。競争が激しい4輪参入の夢を追いかけている状況ではない」(国内証券会社の自動車アナリスト)と厳しい声がある
他のメーカーが作らない突き抜けたクルマを作れば売れると思うよ。ヤマハのデザインは定評があるし。トヨタ2000GTみたいなの量産してくれれば買うぞ。リトラクタブルライトは近年は廃れてしまったから無理だと思うけど、ディーノみたいな丸目にしてくれたらいいな。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31870750W8A610C1000000/?n_cid=DSTPCS001
なぜ世耕氏は水素にこだわるのか。「プラットフォームを先んじて握ることができれば、日本の勝ち筋も見えてくる」 太陽光や風力に関する部材のシェアは海外勢が多くを握り、先進国や新興国がこぞってEVシフトを進める。一方で水素は運搬にかかわるインフラなどに強い日本大手が多く、FCV開発ではトヨタ自動車が先行している。EVに比べて部品点数も多く、部品メーカーへの恩恵も大きい。こうしたメリットを生かして主導権を握るには、ある程度の「逆張り」も覚悟する必要があるのかもしれない。   ただ、頼みの日本企業も、日産自動車が独ダイムラーや米フォード・モーターと共同開発するFCVの商用化を凍結する方針。EVシフトの流れに乗り遅れないようにする動きが加速している。水素が想定よりも世界で普及しなければ、いくら日本勢が「プラットフォーム」の地位をつかんでも影響力は限られる。EV時代が進む中でFCVの一点張りでは「ガラパゴス化」のリスクを懸念する声も漏れる
バカですよね、水素なんか普及するはずがないのに。世界はEVに向けてダッシュしているのに、日本だけ水素を進めても意味がない。それにEVはもう10年したらコモディティ化して中国勢が覇権を握るだろう。そのときに「しまった」と思っても遅い。トヨタが我が世の春を謳歌できるのもその頃までだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/14885243/
ケーブルテレビや衛星テレビなどの有料テレビが、Netflixなどのストリーミングサービスの台頭により窮地に陥っています。なぜNetflixはそれほどまでに恐れられる存在となっているのかを、CNBCが記しています。2018年6月、アメリカの通信大手であるAT&Tがタイム・ワーナーを850億ドル(約9兆4000億円)で買収しました。2017年にはウォルト・ディズニーが21世紀フォックスの映画・テレビ部門を524億ドル(約5兆8000億円)で買収しており、その他にも複数のメディアが買収したりされたりを繰り返すという状況がここ数年続いています。従来メディアによる生き残りをかけたM&Aの理由について、企業のCEOたちが公言することはありませんが、アメリカのメディア・エコシステムの生命線である有料テレビが死にかけている状況を変化させるためであることは明らかです。  なぜ有料テレビが死にかけているのかといえば、原因はいくつかあり、モバイルデバイスやインターネットの普及などを挙げることができます。しかし、ほとんどの伝統的なメディアは「Netflixこそが有料テレビ衰退の大きな要因である」と考えているそうです
ネットがすべてを変えつつある、そんな時代の過渡期に私たちは立っているんですよね。ケーブルテレビの多チャンネルサービスはもう高齢者以外には訴求しなくなりましたよね。全部ネットサービスで見れちゃうから。ケーブルテレビは単なる土管屋になりますよね。それも5Gが普及するまでですかねー。

http://blogos.com/article/305261/
ノーマン氏が主催するスプロールバスターズのサイトをみると、これまで500ヶ所近くのコミュニティーが一度はウォルマートなどの巨大チェーン出店を食い止めることができたとあります。10年ぐらい前から様子が変わってきたのです。アマゾンが台頭したことで、地域住民がオンラインで買い物をしだしたことで、町の商店街で買い物をしなくなったのです。消費構造の変化である地殻変動で、メインストリートの商店が危機に瀕しているのです。アマゾンを叩こうにも叩けません。なぜなら自分もアマゾンで買い物をするし、アマゾン・マーケットプレイスに出店して商売を行う、町の商店もあるからです。巨大店から守られたことであぐらをかき、地殻変動に対応しなかった商店がどんどん潰れているのです
これって早晩日本でも起こりますよね。実店舗がどんどん潰れていくでしょう。私がこのブログでもう何年も前から警鐘を鳴らしているんですけど。アマゾンが日本の小売を席巻すると。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180614-00010001-nknatiogeo-sctch
家の近くのガソリンスタンドで、「レギュラー、ハイオク、それとも炭素フリーにしますか」と聞かれる日が来るかもしれない。カナダのカーボン・エンジニアリング社は、低コストで大気から二酸化炭素を回収し、それを水素と合成して液体燃料を製造することに成功、エネルギー専門誌「Joule」に論文を発表した。これは、2つの点で有意義な技術である。一つは大気中の二酸化炭素を回収できること、もう一つは回収した二酸化炭素を使ってガソリンや軽油、ジェット燃料を製造できることだ。大気で作った燃料なら、二酸化炭素を排出してもプラスマイナスゼロ、つまり「カーボン・ニュートラル」だ。「気候変動の影響から地球を救うことはできないまでも、低炭素経済の実現へ近づく大きな一歩となるでしょう」と、論文著者であるデビッド・キース氏は語る。同氏は米ハーバード大学応用物理学教授で、カーボン・エンジニアリング社の創立者でもある。大気から二酸化炭素を回収し、燃料を作るという技術自体画期的ではあるが、キース氏によると、それ以上に3000万ドルの投資、8年におよぶ研究、そして正確な工程を練り上げるための「数万という細かい調節」が必要だったという
もしこれが本当に実現するとしたらすごいことですよね。なんかスタップ細胞の匂いがするのは気のせいかな。

https://japan.zdnet.com/article/35120466/
オープンソースのライセンス定義などの活動を行う非営利団体Open Source Initiative(OSI)が、「Open Source Definition(OSD)」としてオープンソースの定義が公開されてから2018/2/3で20年を迎えました。Richard Stallman氏は、1983年にFree Software Foundationを設立しました。しかし、彼の提唱した「フリーソフトウェア」という考え方は、なかなか世の中に受けられるものでは、ありませんでした。OSIは、このアイディアをビジネスの世界にも拡大すべきとして、マーケティングを目的に「オープンソース」と言う言葉を提唱しました。では、この20年間にどのようなことがOSSに関連して、起きてきたのでしょう。「何が変わって」「何が変わらなかった」のかを検証していきたいと思いますが、20年といっても、少し長いので前半の10年と後半の10年に分けて、ご紹介するのが良いのではないかと思います
たぶんソフトウェアは将来的にはOSSに収斂していくのだと思います。50年後に動いているのはOSSのOSだけでしょう。その頃、アップルという会社はあるのかな。ないだろうな。

http://www.sankei.com/affairs/news/180607/afr1806070004-n1.html
米交流サイト大手のフェイスブック(FB)は6日までに、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)を含む約60社の端末メーカーに利用者データへのアクセスを許可していたと明らかにした。米上下両院の議員は、安全保障上の問題が指摘される中国企業に個人データが共有された恐れがあるとして、FBに詳細な説明を求めている。米ニューヨーク・タイムズが3日、FBが利用者から明確な許可を得ないで、メーカーに個人データへのアクセスを認めていたと報じた。これに対しFBは、初期のスマートフォンなどではFBのシステムを端末ごとに作る必要があり、メーカーと提携したと説明。不正利用は確認されていないとしている
うわー・・・真っ黒ですやん。こんなサービスまだ使うつもりですか。とっとと脱退しましょう。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180604-OYT1T50070.html?from=ytop_ylist
政府の規制改革推進会議(議長・大田弘子政策研究大学院大教授)は4日午前、放送事業見直しなどの規制改革策を安倍首相に答申した。答申では、放送と同時にネットで番組を流す「同時配信」を進める考えを打ち出した。政府はこれを踏まえ、6月中旬に具体的な見直し策を盛り込んだ「実施計画」を閣議決定する。首相は答申後、「イノベーション(技術革新)の視点、グローバルの視点、ユーザーの目線に立って総務省を中心に、未来を見据えた放送のあるべき姿について検討を進めてもらいたい」と述べた。答申は、テレビ番組の同時配信について「避けて通ることができない課題」と位置づけ、民放・NHKを問わず同時配信を進めるべきだとした
当然のことですがバカな民放連はまた反対するんでしょうね。斜陽メディアになったのも気づかずに。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31373160V00C18A6000000/
国内パソコン市場の出荷台数は95年に511万台と前年比70%伸び、2000年には1141万台とわずか5年で倍増する。普及期に入り価格競争が本格化すると、急速に成長したのが米デルだ。ネットを介してオーダーメードで製品を購入できる「直販モデル」で価格を抑えたほか、コールセンターを充実させてアフターサービスを重視する姿勢も顧客の支持を集めた。法人向けで従来ながらの情報機器ディーラーなどに販路を頼る日本勢は、ネット時代のビジネスモデルを生かして低価格化を進めたデルに対抗できなかった。最盛期を過ぎたパソコン市場は05年、1つの転機を迎える。世界シェア3位のIBMが中国レノボ・グループへ事業を売却する。低コストで製造する中国や台湾のメーカーが増えて一般家庭に普及したことで、もはや成長市場ではないとみなされるようになった。日米の情報関連企業の間で、IT(情報技術)サービスやソフトウエアの事業を強化し、機器の製造は新興国企業に委ねる流れが強まった
これはPCがコモディティ化したことが原因だ。コモディティ化したものは中国などの生産コストが低い国が勝つ。スマホしかり。EVもたぶんそうなるだろう。

https://japan.cnet.com/article/35120280/
The New York Times(NYT)によると、FacebookはAppleやMicrosoft、サムスン、BlackBerryなど少なくとも60社のデバイスメーカーと、大量のユーザーデータへのアクセスを提供することについて合意していたという。これらの合意ではユーザーのFacebookの友達のデータにまでアクセスが提供されていた。ユーザーの友達のデータは多くの場合、明示的な同意なしに提供されたとされ、米連邦取引委員会(FTC)との間で2011年に成立した和解の遵守が問題視されている。NYTの記者はテストのために、2013年のBlackBerryデバイスを使って、約550人の友達のいるFacebookアカウントにログインし、そのデバイスで要求されたデータや受け取った情報を監視した。「The Hub」というBlackBerryアプリを通して、そのデバイスは(Facebookの友達の友達などを含めて)最大29万5000人のFacebookユーザーの情報を取得することに成功した。ただし、BlackBerry関係者がNYTに述べたところによると、「Android」を搭載する新しいBlackBerryデバイスは、同じプライベートチャネルを使用していないという
ほらね、どんどん出てくる。こんな胡散臭いサービスをまだ使うつもりですか。とっとと脱退しましょう。フェイスブックだけじゃないのは薄々わかりますよね、傘下のインスタはもちろんツイッターも同じだと考えた方がいいでしょう。

https://jp.techcrunch.com/2018/06/05/2018-06-02-its-ok-to-leave-facebook/
プライバシー問題をめぐるFacebookの一連のスローモーション的対応をみて、多くの人が、おそらくあなたもFacebookの利用をやめようとか考えている。少なくとも、ソーシャルネットワークの活用方法を変えようとしている。我々にとっては幸い、ザッカーバーグにとっては残念ながら、Facebookをやめるのはかつて難しいものだったが、今ではそうではない。大事なことは、ソーシャルメディアはあなたが使うものであり、その反対、つまりあなたがソーシャルメディアに使われる、というものではないということだ。  誰かとやりとりをする、という役割にとどまらず、ソーシャルメディアは私たちの暮らしにすっかり浸透しているが、ソーシャルメディアをどのように使うか選ぶことは可能だ。それは素晴らしいことだ。社会規範やテクノロジーの進歩にとらわれることなく、私たちが自身の体験を自由にデザインできることを意味している。  この記事では、なぜソーシャルメディアの利用方法をコントロールをするのに今が適しているのかについて書く
賢明な人はとっくにフェイスブックを脱退しているはずだがまだ遅くはない。まだの人は今すぐ脱退すべきだ。

http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/01459/
米マイクロソフト(Microsoft)は2018年6月4日、ソースコード管理サービス「GitHub」を提供する米ギットハブを75億ドル(約8200億円)で買収すると発表した。マイクロソフトによる買収後もGitHubで利用できるプログラミング言語や開発ツール、運用環境などのオープン性は維持する。マイクロソフトは75億ドル分の同社株式によってギットハブを買収する。ギットハブのCEOには、マイクロソフトが2016年に買収したザマリン(Xamarin)の創業者で現在はマイクロソフトのコーポレート・バイス・プレジデントを務めるナット・フリードマン(Nat Friedman)氏が就任する。ギットハブの現CEOで創業者でもあるクリス・ワンストラス(Chris Wanstrath)氏はCEOを退任し、マイクロソフトのテクニカルフェローとなる
マイクロソフトの方向性は間違ってないと思います。垂直統合にこだわり壁に直面しているアップルよりはいい未来を感じますね。最近あのファイルマネージャをオープンソースにしたことは衝撃的でしたが、さらに進んでWindows2000やOffice 2000をオープンソースにしてくれないかなー。

http://news.livedoor.com/article/detail/14816832/
Appleは6月4日午前10時(日本時間5日午前2時)より開幕した世界開発者会議(WWDC 18)の基調講演にて、次期バージョンとなるiOS12、macOS Mojave、watchOS、tvOSを発表しました。開発者向けには同日よりベータ版の提供を開始し、正式版のリリースは2018年秋の予定です。   冒頭ティム・クック最高経営責任者(CEO)が「きょうはソフトウェアの発表のみ」と宣言した通り、WWDC開催前に噂されたMacBook Pro、iPad Proなどのハードウェア新製品は発表されませんでした。   しかしアクセサリの新製品として、Apple Watch用バンド「プライドエディションウーブンナイロン」が発売されました。▼ iOS12:新アプリ追加&既存アプリ強化、自分のアニ文字がつくれるMemojiなど ▼ watchOS 5:Apple Watch同士のトランシーバー機能が追加など ▼ tvOS 12:Dolby Atmos対応!ゼロサインインでログイン簡略化 ▼ macOS 10.14:名称は「Mojave」。ダークモード追加、新機能も続々
まぁ、期待はしてなかったけどやっぱり期待はずれでしたねー。アップルはもう落ち目かな。もうアップルからは革新的な何かが出てくることは期待できませんね。Siriもぜんぜん賢くならないし。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000058-san-pol
学校法人「森友学園」をめぐる決裁文書改竄(かいざん)に関する財務省の調査結果は4日、国会にも報告された。与党はこれを区切りとして一連の問題に幕引きし、6月20日の今国会会期末に向け、法案審議を加速させたい考えだ。ただ、野党は麻生太郎副総理兼財務相の辞任などを求め態度を硬化するのは間違いなく、終盤国会の攻防は激化しそうだ。「会期末まで可能な限りの法案を成立させ、政策を前に進めたい」   安倍晋三首相は4日の政府与党連絡会議でこう強調した。首相はその後の自民党役員会でも、4日に参院で審議入りした働き方改革関連法案やカジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案などを挙げ、「重要法案について丁寧に説明し、会期内に成立できるよう努力する」と述べた
この国の政治ってもうだめかもわからんね、というレベルですなー。モリカケしか言わない野党が日本の政治を殺している。

https://www.asahi.com/articles/ASL6475CYL64PLFA00M.html?iref=comtop_list_biz_n03
シャープが東芝のパソコン事業を買収する方針を固めた。すでにパソコン生産から撤退していたが、親会社が鴻海(ホンハイ)精密工業(台湾)となったことで再参入へ方針を転換した。東芝は、赤字が続く同事業を切り離して経営再建を加速させる。シャープは、東芝のノートパソコン「ダイナブック」を製造販売する子会社「東芝クライアントソリューション」の株式の過半を今秋にも引き受ける。買収額は50億円前後とみられる。近く東芝と契約する。東芝は1985年に世界初のノートパソコンを発売し、一時は世界シェアトップを誇った。だが、中国などの新興メーカーが安値を掲げて参入し、スマートフォンやタブレットとの競合も激しくなった。2015年には利益を水増しする不正会計が発覚。いったんは富士通などとの事業統合を模索したが、不調に終わった。その後も、収益源の半導体メモリー事業の売却で「稼ぐ力」が落ち込むなかで、不採算のパソコン事業の売却先を探していた
なんという・・・。あのダイナブックが消滅するのか。一時期はダイナブックが世界のノートパソコンのトップを走っていたときもあったのに、隔世の感がありますなー。いやー、もう残念としか。

https://internetcom.jp/204850/bloxvox-voice-privacy-tool
「BLOXVOX」は、電話での会話内容を周囲に聞こえないようにしてくれるツール。米国ミルウォーキー在住のGreg Umhoeferさんが開発した。米国のオフィスでは、以前はパーティションで区切られたキュービクルレイアウトを採用するところが多かった。だが現在は日本のそれに近い、オープンレイアウトに切り替えるところが増えている。Greg Umhoeferさんによれば、その理由のひとつはオフィス賃料の上昇。これにより、従業員一人あたりのオフィス面積は2010年から2017年の間に33%も減少したそうだ。また、オフィスレイアウトの流行の変化も影響している。現在はオープンレイアウトの方が、チームメンバー間でコミュニケーションを取りやすく、業務効率があがると考えられている
なるほど、これは便利そう。電車の中とか周囲に遠慮してしまう場所での通話によさげ。今までなかったのが不思議な製品ですね。Kickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中だそうです。製品化したらホスイ・・・かも。

http://getnews.jp/archives/2050313
バンダイは、ダンゴムシの構造を徹底研究して丸まる体を再現したカプセルトイ『だんごむし』(全3種、1回500円)の発売を発表。2018年8月第5週より、全国の玩具売場・量販店などに設置されたカプセル自販機で販売されます。世界初、1000%スケールモデルの“ダンゴムシ”カプセルレス玩具となる本製品。自販機から丸まった状態(直径約74mm)でそのまま転がり排出され、広げると歩行時の形状(全長約140mm)になるのが特徴
www。ちょっと欲しいと思ったから困る。王蟲も出してほしいぞ。

このページのトップヘ